東京再び〜今日のゆうくんの生存安否情報10〜

ちょっとブログと現在の時差が離れていってるので、ちょっと書き飛ばします。


とりあえず東京に戻った僕は、ジェロニモレーベルでもドラムを叩いているヒメちゃんがやっているバンド『天使突抜一丁目(てんしつきぬけいっちょうめ)』のライブに行こうとするも携帯電話のバッテリー切れ&時間切れにより見にいけず、結局沖縄から音楽の専門学校に通うため上京してきたコータローとヒカルの家にいき、その日は何故か18歳に「女なんてみんな計算なんすよ!!」と恋愛論を説教されて寝た。


翌日は高円寺にある素人の乱という店の新店舗の改装を手伝う仕事をする。
これはもともと、長野のなんとかフェスに行ったときに、その仕掛け人でもある松本さんから「ウチで働いて良いよ」というありがたすぎる言葉がキッカケで、手伝うことになったのである。


んで、その結果、バイト代を貰った僕は、これまで貯めた路上販売の売上を足して、帰りの飛行機のチケット代を作り上げることに成功し、すぐさま自分の口座にぶち込んだのだった。



しかし、翌日、全財産が1000円にも満たないことに驚愕し、渋谷のアンケートに答えて図書カードを手に入れ、金券ショップで換金したり、不細工似顔絵を書いたりしてなんとか生きてくためのお金を稼ぎ出した。



それから、とある人物に連れられ、下北沢のライブハウスにいった。

するとなぜか日曜日にその人とライブすることになった。


で、今日は誰の家にお世話になろうかと友達などに連絡をとるが、見事に今日は都合が悪いとなり、撃沈。


新宿の街の中で寝ることになった。


それがこれまでと今の状況。


路上生活は精神が磨り減るので、なるべくは避けたいのだけど、致し方なし。


それでは、おや睡眠なさいませ!!


コメント
メッセージを送る
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※このメッセージはCH6ゆうくんの元に送られます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。